一生旅行業界人宣言!SaYangの気まま旅log

脱サラし、自由人になったので、これからは世界のどこかでふらふらします。(今フィリピン)

父と海外ボランティアと私とマレーシアと。

今日はちょっと変わった私の名前の由来についてお話させて下さい。

“SaYang”とは

突然ですが、私はペンネーム?ニックネーム的なものをSaYangとしています。本名は珍しいですがSAAYAと言います。(今は芸能人で同じ名前の人もいるから、そう珍しくも無くなってきているのかも知れませんが、私の世代では珍しかったです)。よく、「さや」とか「さやか」とかと間違われます。小さい頃は友達のお母さんからよく、「本名は何て言うの?」と質問されましたが、さあやです。

 

タガログ語のサヤン

フィリピンに関わるようになってから、Sayangと言うとちょっとクスッっとされます。タガログ語では、「もったいない!」とか「残念!」とか言う意味だからです。本当は違う意味なのに、私はそのことに、“Sayang!” です。でも、“SAYA” にすると、“MASAYA” と同じような意味で、「HAPPY」という意味があるようなので、私はフィリピンではあまりSayangを使わず、SAYAって言うようにしています。

ま、実際はそこまで気にしていないのですが笑。フィリピンが語源では無いので。

 

マレーシア語のサヤン

実は父親は私が産まれる前の20代の時に、マレーシアにJICAの青年海外協力隊で派遣されていました。

f:id:ao51115sayang:20160516161908g:plain

その際にマレーシア語を覚え、気に入ったSayangという言葉を名前にしてくれました。Sayangを日本語の漢字にあてて、紗SA+綾AYA。マレーシア語の意味は、

夫婦同士や子供にも使います。
Sayangは日本語ですと愛する、可愛がるに近いでしょう。英語がわかるなら、「Darling」、「Dear」や「Honey」の意味で、夫婦や恋人同士でよく使う言葉です。後は、親は自分の子供を呼ぶとき、特に女の子によく使います。 
Yahoo知恵袋より引用。

という事らしいです。

私が昔聞いたのは「愛しい」とか「可愛い」と言う意味だったので、大体一緒ですね。狙い通りの可愛らしい子、にはなかなか育てませんでしたが、それにしても良い意味で付けてくれたこの名前には両親の愛を感じていますし、とても気に入っています。

 

マレーシアで東南アジア初体験

初めて東南アジアに行ったのは、おそらく中学生の時。マレーシアが初めての東南アジアでした。それまではハワイとかオーストラリアとか、いわゆる欧米圏のリゾートエリアばかりで、クリーンな世界でした。ディープでエネルギッシュなアジアは体験したことが無かったですし、幼かった中学校に上がりたてな私には、東南アジアは危険で汚くて怖くて・・・という、何とも食わず嫌いな、マイナスな印象しかありませんでした。なので、行く前まで「行きたくない、怖い」と駄々をこねていたことを覚えています。
※今から約16~17年前の話です。


実際に行って見て、今まで見てきていた先進国とはガラッと雰囲気も違い、怖い!怖い!を連発していました。ただ漠然とした恐怖感を味わっていた私の目に映ってきたものは、今までの海外旅行や、日本での生活では見ることの出来なかった、まるで少年のように瞳をキラキラさせて輝いていた、父親の表情でした。

もともと好奇心旺盛で物怖じしない、頼れる父親という印象はあったのですが、クアラルンプールを走るモノレール車内で、全く知らない隣の席の乗客にマレーシア語で何かを話しかけているではないですか。話しかけられた方も自然に、笑顔で、楽しそうに会話をしていました。きっと道を聞いたり、「何でマレー語が話せるのか?」という会話をしていたりと、他愛の無い会話だったと思いますが、彼の表情からはアドレナリンが出ていて、とても活き活きしているということは、中学生の幼かった私にも理解することができて、脳裏にしっかりと焼きつきました。


その時に私は初めて、父親がマレーシアにJICAボランティアで行っていたことを知りました。当時のことや昔のマレーシアについて、色々話を聞きましたが、さっきまで東南アジアを怖いとしか思っていなかった私には世界観が大きすぎて、理解することが難しかったと思います。ただ、父親が東南アジアが大好きなんだということだけはしっかりと感じました。それからと言うもの、私の東南アジアへの恐怖のイメージは、すーっと消えてなくなり、気がついたら東南アジアを知ってみたい!ローカルなエリアに行きたい!感じたい!と、自分でもビックリするほど、東南アジアの虜になってしまっていました。

私は一人っ子で、パパっ子でした。
ひたすらアジアで一緒に街歩きをしたり、思春期時代も二人で一緒によく海外旅行へ出かけたものです。
なので、私の海外好き・アジア好き・ビーチ好きは完全に父親の洗脳です。
血とは有難く、そして不思議なものですね。

▲両親との海外旅行と今の私について


2回目の海外ボランティア

きっと父親は、20代の頃に体験したマレーシアでの青年海外協力隊が忘れられなかったのだと思います。近年は協力隊OBOGの同窓会などにも顔を出し、2年程前には一人で長期休暇を取得して、マレーシア・シンガポール周辺を再訪する旅をしていました。そして会社を早期退職し、2016年の1月から今度は南米のウルグアイで、シニア海外協力隊として活動することになりました。分野は昔行ったマレーシアの事業と、社会人として長年働いてきた分野と一致していました。自分の専門分野でボランティアとして再挑戦をする父親を何より誇りに思いますし、治安の面で多少の不安もありますが、信じて応援したいと思っています。

7年前にフィリピンに留学に行くと言って、周囲の反対を聞かなかった私の背中を、力強く押してくれたのは父親でした。だから今回は私が全力で応援します。自分の夢にまっすぐに進む姿を見せて貰えて、いつまでも元気で、背中を追わせてくれることに、心から感謝しています。


私のセブ赴任が決まった時期と彼のウルグアイ派遣が決まった時期はほぼ同時期でした。渡航前、久々に父娘でお互いの夢を語り合いながら飲んだあのお酒は、本当に美味しかったです。

 

今では「私の父親今、ウルグアイにいるんだ!」
ということが、ちょっとした自慢です笑。 

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ

ブログ村参加しています。応援お願いします!

 

関連記事

ジンベエザメスポット・オスロブではGoProが欲しい!!

✿✿お知らせ✿✿

脳内トラベルメディアの「世界新聞」さんに、旅するライターとして寄稿させていただくことになりました。記念すべき第一記事はこちらです。この気ままなブログと並行して、「世界新聞」さん特有の、ちょっと斜めな角度から記事を書いていきたいと思いますので、よろしくお願いします♪♪

 

留学生に超人気なスポット、オスロ

上記の記事でも書かせて頂いたのですが、セブ島では世界最大の魚と言われるジンベエザメと一緒に泳げるスポットがあります。観光客や留学生に絶大な人気を誇るオスロブ。通常はセブから日帰りで3~5時間かけて行きますが、私はセブ島対岸の都市、ドゥマゲッティからオスロブ入りしたので、近くのホテルに泊まって、翌朝にサメさんに会いに行くことにしました。

 

泊まったホテルが衝撃的だった話。

で、泊まったホテルが断崖絶壁にあり、
更にはスーツケースをジップラインでヒューっっ!!と降ろすその大胆さに驚愕し、記事にさせていただいた次第です。笑

f:id:ao51115sayang:20160513014305j:plain

絶景には申し分ない立地なのですが、

f:id:ao51115sayang:20160513014315j:plain

ビーチもとっても綺麗なのですが、

f:id:ao51115sayang:20160513014327j:plain

なんせ階段が立ちはだかっているもので!!!

f:id:ao51115sayang:20160513014507j:plain

でも、夜中誰もいない真っ暗なビーチで波音を聞きながら、ぼーっと過ごすこのホテルは嫌いじゃなかったです。体力に自信のある方には、おススメです。

 

 

いざ、オスロブへ

ホテルからジンベエザメに会えるシュノーケリングポイントまでは、バイクで2分くらいでした。

f:id:ao51115sayang:20160513014957j:plain

海のほうへ向かって歩いていくと、人が集まった賑やかな屋根付の建物があります。

f:id:ao51115sayang:20160513021036j:plain

ステップ1~4まであったので、順番に名前を書いたり、説明を聞いたり、お金を払ったり、レシートを提出したりしました。

f:id:ao51115sayang:20160513015258j:plain

ジンベエザメはとても繊細な生き物なので、フラッシュ撮影は禁止です。また触れてはいけません。などの説明を英語で受けます。

f:id:ao51115sayang:20160513015253j:plain

説明を聞いたらお金を支払います。

キューバダイビングは1500ペソ。
シュノーケリングは1000ペソ。
ボートから海に下りずに見学は500ペソ。

私はダイビングよりも水面に近い場所でシュノーケリングで十分楽しめる!と事前に聞いていたので、シュノーケリングにしました。フィリピン人はフィリピン人価格があり、外国人より安かったです。

f:id:ao51115sayang:20160513014927j:plain

意外とフィリピン人の観光客も多いなぁ、という印象でした。

f:id:ao51115sayang:20160513015736j:plain

見渡す限り、ジンベエウォッチング中のボートだらけです。この日は土曜日ということもあり、かなりの観光客が集まっていました。

 

写真が無い・・・!

ジンベエザメとのシュノーケリングは、素晴らしいものでした。想像していたよりもかなり近くで、目の前をジンベエザメが優雅に泳ぎぬけていきます。触れてはいけないのですが、手を伸ばしたら触れるんじゃないかというレベル。ジンベエザメは餌を与えているボートを追いかけながら泳ぐので、基本的に口を開けたまま。大きな口から大量の水を吸い込む瞬間、飲み込まれるんじゃないかと思いました。


ただ残念なことに、シュノーケリング中の写真が無いのです。。貴重品を持っていくと濡れてしまうほど、小さなボートで沖に出ますし、水中カメラは持っていません。携帯電話は万が一のことを考え、セキュリティボックスに預けておくことに。


この巨大なジンベエザメの姿を、そしてジンベエザメとのコラボレーションを、是非自分のカメラに収めておきたかった泣・・・濡れない携帯ケースなどもありますが、あまり水深の深い場所では綺麗に写せませんし、SDカードなどでデータをもらえるサービスもあるようでしたが・・・


大きなジンベエザメを撮るには、広角レンズで高性能なGoProが欲しい!!!!


と心の底から思った瞬間でした。
こんな体験あんまりできないもんな~。。

海を上がった後

海から出たらシャワーを浴びますが、受付した建物の隣がトイレ・シャワーブースです。右がトイレ・左がシャワーで、シャワーは3つあるのですが、男女兼用の個室タイプです。

f:id:ao51115sayang:20160513021016j:plain

ただシャワーと言えど、上のシャワーヘッドからは水が出てきませんでした。腰より低い蛇口から水を汲んで浴びるタイプ。(たまたま故障していただけかも知れませんが・・・)

シャワー個室内で着替えないと、着替えスペースは他に無いです。外のスペースでおもむろに着替えていたり、バンで来たグループは、車内で着替えたりしていました。

 

オスロブへのアクセス

オスロブからはハイウェイで黄色いバスを待って、来たら乗ってセブシティまで帰ります。ただオスロブ発のバスではないので、週末は特に満席状態のことが多いです。来た段階で座席が無く、立ったまま乗るということも多々あります。早く帰らないとセブ市内へ向けて渋滞もひどくなりますし、乗車率も上がってきます。

大人数で行ける時は、バンをレンタルしていくことをおススメします。30分泳いだ後の3~5時間立ったままはしんどいですからね・・・


ちなみに、週末は出発時間も要注意!ジンベエザメは午前中12時まで見ることができますが、到着して申し込んだ時点で12時までにシュノーケリングが出来ないと判断されると、折角行ったのにジンベエザメに会いに行くことができません・・・・!友人は日曜日の9時に着いたのに、見れなかったと言っていました・・・その代わりに近くの島でシュノーケリングをしたようです。私は土曜日の10時に着きましたが、見れました。ただ混み具合は予想するのが難しいですし、往復かなりの時間を掛けて行くのに、見られないと残念なので、近くのホテルに前泊するか、シティを早めに出発することをおススメします。

 

次回旅行に行くまでに、GoPro入手しようっと!

GoPro公式ウェブサイト - 自分の世界を撮影して共有しよう

 

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ にほんブログ村 海外生活ブログへ

ブログ村参加しています。応援お願いします!


関連記事

 

 

セブ 中国人墓地で暮らす人たち。

セブの語学学校で働いていた際に、英語留学中の高校生と一緒にスタディーツアーに参加してきました。お世話になったのは、セブを拠点に活動しているNPO法人セブンスピリットさん。

最初に友人の紹介で知り合ってから、かれこれもう4年以上のお付き合いになりますが、セブで語学研修をしている団体様や個人の学生さん達に、英語学習やリゾートライフ以外の体験をして頂くべく、団体紹介をさせていただいておりました。フィリピンの現状や社会問題、子供たちの身の回りで起きている問題など、普通に語学留学をしているだけでは気がつけないことが沢山あり、参加された方々は皆さんハッと気がつくことが多く、大変勉強になったと言われます。

 

中国人の墓地

フィリピンには中国人や華僑の方々もたくさん住んでいます。富裕層の中国人たちが作った中国人墓地。広い敷地内に色々な形のお墓が並んでいました。セブの中心地からそう離れていない場所にあります。

f:id:ao51115sayang:20160508160724j:plain


日本のお墓と違うのは、一つ一つのお墓がとても大きく独立していると言うこと。屋根や扉までついていて、立派です。

f:id:ao51115sayang:20160508160820j:plain

 

墓地がひとつの小さな町のように

日本では考えられないことですが、お墓を占拠して住みついている人たちがいます。普通、日本だと夜は怖がってあまり近づかないですよね・・・?

先述した通り、お墓に屋根があって豪華なので、外で暮らすより雨風を凌げるということで、他に住む場所がない人たちが約400世帯ほど住むようになりました。墓地の敷地内はスクウォッターエリア(不法占拠地域)と化していました。もはや一つのバランガイ(最小自治区)みたいだとも思いました。一世帯、二世帯、とかではなく、数百世帯と言うから驚きです。

他人の墓の門の扉に、洗濯物を干している様子。

f:id:ao51115sayang:20160508160904j:plain

 

もはや一見お墓とは分からないほど、家化しています。頑丈な扉もセッティングされて、これで雨風も凌げますね。門前にあるのは、盆栽??

各自占拠した墓地を改装して、サリサリストア(フィリピン版小さなコンビニのような売店)が営まれていたり。子ども用のデイケアセンターもありました。

f:id:ao51115sayang:20160508163219j:plain

 

コンクリートで出来ているので、フィリピンによくあるこういったお家より、もしかしたら頑丈かも。

f:id:ao51115sayang:20160509022755j:plain

 

墓石の上を台所として使っていたり、墓石をベッド代わりにして寝ている人もいます。もう10年以上もここに住んで、生活をしているという家庭もありました。

f:id:ao51115sayang:20160508163308j:plain

 

この家はお墓の上に木で家を増築して、2階建てにしていますね。バスケットゴールがあるので、子供たち(大人もか?)の遊び場となっていました。

f:id:ao51115sayang:20160508161207j:plain

中でも衝撃的だったのは棺桶の上にTV付きのカラオケマシーンを設置して、昼間っから大音量でカラオケ大会が行われていたこと。お父さんたちは「こんにちは~」とか「アニョーン」とか良いながら、めちゃくちゃ笑顔でこちらに話しかけてくるではないですか。さぞ「俺歌上手いだろ?」と言わんばかりのドヤ顔を見て、今お墓にいるんだ、ということを一瞬忘れました。ましてや彼らから貧困による悲壮感など全く感じません。

もし亡くなった方がこの近くに眠っていたならば、さぞ毎日退屈しないことでしょう。毎日POPな音楽と共に、にぎやかに過ごせます。何とも、フィリピンらしい光景。

 

お墓に住むということ

しかし残念ながら、墓石内に眠っていたご遺体は既にほとんど撤去されているようです。撤去と言う言葉が正しいのか分かりませんが、遺体に着せた装飾品など、お金になるものは盗まれ、売られてしまったとのこと。

f:id:ao51115sayang:20160508161218j:plain

モラルと言うか、そんな次元のお話を今更しても、もうきりがないのかも知れません。亡くなった方の墓石を破壊し、漁る。更には亡くなった方と共存するかの如く、同じ空間で生活している。

単純に考えると、ここに住んでいる人たちはさぞモラルがない悪い人たち、と言うこともできます。でも、誰だって人が死んだら悲しむし、例えば家族や最愛の人の墓が他人に荒らされていたら怒るでしょう。ここに住んでいる人たちだって最初は好き好んでやったわけじゃなく、逆に言うとそうしなければ生きていけないほど、生活に困窮していたのだと思います。

数百世帯いるので各家庭の理由は分かりません。

路上生活をしていて、日々の生活に困っていたところに屋根がついた空間を見つけ、周りにも同じ境遇の人たちが住んでいて、路上よりも遥かに排気ガスや犯罪などから身を守れるこの墓地に移り住んだ、など色々な理由があったのだと思います。

 

現在はお墓の所有者(亡くなった方のご家族)が、ここに住む人たちを住ませてあげる代わりに、お墓の管理など、パトロールをお願いしていることもあるようです。なので場合によっては持ちつ持たれつの関係性が構築されている、ということです。

f:id:ao51115sayang:20160508161323j:plain

こうして見ると、本当に一般的に道を歩いていて見る家と変わりありません。

f:id:ao51115sayang:20160508161203j:plain

墓地で出会った可愛い子供たち。
彼らは私たちを見ると、外国人に興味深そうに近づいてきたり、ついて来たり。彼らがもう少し大きくなったら、墓地から毎日学校へ通います。でももしかしたら、通学に必要な制服や筆記用具、お弁当などが用意できず、次第に勉強を諦め、路上に働きに行ってしまうかもしれません。

この小さい男の子は、自分の家のこと、どう思っているのかな・・・

 

お墓に住みついている彼らを、酷いと思いますか?
可哀想と思いますか?

 

出来れば普通のお家に住みたいと思っているかもしれませんが、
お墓に住む前に比べたら、今は快適な生活を送れていて満足しているかも知れないし、このコミュニティー自体は安心して生活できる場所なのかも知れません。

仮に私が新しい綺麗なお家を渡して、ここに住んでいいよと言ったら、それは彼らにとって本当に幸せなことなのか。

ここ数年、長くフィリピンに関わって来ましたが、正直私は酷いとも可哀想とも思わなくなってきました。知らないフィリピンを知っていくたびに、自分の心がどう感じているのかが分からなくなります。

 

ただひたすらに 伝えたい、という思いと、
フィリピンという国をもっと知りたい、という思いが募るばかりです。

 


にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ

ブログ村参加しています。応援お願いします。

関連記事