読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一生旅行業界人宣言!SaYangの気まま旅log

脱サラし、自由人になったので、これからは世界のどこかでふらふらします。(今フィリピン)

行くたびに幸せになれる♡ フィリピンの台湾しゃぶしゃぶ 『RED HOUSE TAIWAN SHA-BU SHA-BU』

セブで一番ホットな台湾しゃぶしゃぶ屋さんと言えば、間違いなく RED HOUSE でしょう!無性に「今夜は絶対にRED HOUSEに行きたい!」と思う日があるんですよね。しかも頻繁に。

f:id:ao51115sayang:20160518012813j:plain

セブは飽食の時代を迎えました。
全然ダイエットできないよ?

https://www.facebook.com/RED-House-Taiwan-Shabu-Shabu-285366588234678/
Facebookあります▲

アヤラモール近くの便利なロケーション

セブではセブシティ側に、アヤラモール近くに1店舗と、A.S.フォーチュナ通りにもう1店舗あります。マクタン島ではJ Park Hotel周辺にあります。私がよく出没するのは、アヤラモールの近くのここ。

MJ ホテル アンド スイーツ (MJ Hotel and Suites)・セブ - Agoda.com の一階にありますので、タクシーでのアクセスも楽チンです。

f:id:ao51115sayang:20160518012817j:plain

いつ行っても満席近い状態で、とても人気店です。ちなみに、バコロドでも発見し、お世話になったことがありました。ところ違えど、RED HOUSEの美味しさは健在だったのは、言うまでもありません。

f:id:ao51115sayang:20160518012827j:plain

フィリピン人にも、中国・台湾人にも、韓国人にも、もちろん日本人にも!!万人に愛されるRED HOUSE。フラッと行くと、たいてい誰かしらの知り合いに会います。

ちなみに朝鮮系中国人の同僚 兼ルームメイトは、週に1回のペースで通っているらしいです笑。ここ以外のしゃぶしゃぶ屋さんには行きたくないのだとか。

メニュー

具材をアラカルトで選んでいくことも出来ますが、野菜や海鮮、お肉がセットになった便利なセットあるので、私はセットを頼んでから、更に好きなものを追加するという派です。SET AとSET Bと量違いで二種類ありますが、実はもう少しボリュームの少ないSET Cもあります。値段は忘れてしまいましたが、確か400ペソ以下だったと思います。(女性2人で行く場合は充分だと思います)

f:id:ao51115sayang:20160518012839j:plain

アラカルトのメニューも充実しています。

f:id:ao51115sayang:20160518012844j:plain

野菜が追加できるのが嬉しい!

f:id:ao51115sayang:20160518012850j:plain

SETではお肉メニューがもしかしたら少なく感じるかも知れませんので、特に男性は追加でお肉を頼むといいと思います。謎のウサギさんとか、ネコさんとかが混じっているのが、シュールな笑いを生みます。

f:id:ao51115sayang:20160518012851j:plain


もう、とにかくヤミツキ!!なオリジナルソース

ソースは店内中央のソースバーで自分でアレンジをします。少し小さめなご飯茶碗に、ネギ・玉ねぎ・パクチー・ニンニク・唐辛子の具材と、魚介系?のペーストとビネガーをベースのソースに混ぜれば出来上がり。身体に良いネギ類やニンニクがたっぷり取れます。私は魚介系のペーストがツボ!!たくさん入れると、独特のエスニック感と、辛~い刺激にヤミツキになってしまいます。

f:id:ao51115sayang:20160518012857j:plain

 

野菜がたっぷり摂れる、健康志向な鍋

最近野菜食べれてないな~と思ったらここに来ます。フィリピンは野菜を食べる習慣が日本に比べて乏しく、普通に生活をしていると、つい野菜不足になってしまうのです。でもここに来れば一発解決!ありがたいです。

f:id:ao51115sayang:20160518012903j:plain

この盛り合わせが、SET Cです。

f:id:ao51115sayang:20160518012905j:plain

私はSET Cに加えて、見た目は微妙ですが写真左側の海老シュウマイと、空芯菜を追加するのが好きです。たまに白菜やキャベツも追加します。

f:id:ao51115sayang:20160518012908j:plain

台湾火鍋らしく、2種類のテイストを一度に楽しめるようになっています。左は優しい出汁の楽しめるベースのスープ。右は上の写真に写っていた辛いスープを足したもの。個人的には左のまろやかな方を、自分でカスタマイズしたチョイ辛のソース(タレ)に付けて食べるのが好き。

右の辛いソースはキャベツに味が染み込んで、良く合います。ネコさんが浮かんでいるのはご愛嬌。


〆はヌードルです。
春雨ヌードルや黄色い麺(ラーメン)を最後に食べるのも幸せです。私はシンプルな方のベースで食べるのが好きです。トマトやお肉などから出たエキスが、ベースのスープにマッチし、幸せな気持ちになります。癒される~!!!

正に、〆のラーメンです。
〆のラーメン最高~~~♪♪
ただ、たいていの場合、食べすぎで苦しくなっています。
もっと食べたい!でも食べられない。嗚呼、幸せのジレンマ。

 

空腹時にこの記事を書き出したことに激しく後悔し、夜中にドライマンゴーを1袋、一人で完食してしまったことは、内緒です。

 

 

 にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ にほんブログ村 海外生活ブログへ

ブログ村参加しています。応援お願いいたします!

 

関連記事